ペットを飼っている人は多いですが、どんな動物をペットとして選ぶかは人それぞれです。こちらでは、一般的なペットとして人気のある動物を紹介します。

動物の中では人類最古のパートナーである犬は、ペットとして不動の人気を誇ります。歴史の中で、狩猟用、愛玩用、牧羊用、そり用、使役用など多様な目的に応じて、さまざまな体のサイズ、体毛、体色、身体的特徴を持った犬種が生み出されてきました。国際畜犬連盟が認めている犬種は331犬種。非公認犬種を含めれば約700~800の犬種があるとされています。

犬と並び、ペットとして大変高い人気を集める動物が猫です。ヤマネコが家畜化されて現在のような家猫となりました。こちらも体毛の長さや毛色、身体的特徴は多くのバリエーションがありますが、体のサイズは犬に比べると一定で、体重は2.5~7.5kgの範囲に収まる種類がほとんどです。運動神経が高く、高いところに上ったり、鳥や虫を狩ったりする行動は家猫でも見られます。

インコや文鳥

インコや文鳥などの小型の鳥類も代表的なペットです。カラフルな羽毛と、人の声真似をするというユニークな習性から一定の人気を獲得しています。小さな頃から飼育すると人にもよく馴れ、ペットを飼う楽しみや喜びを存分に味わえます。

ハムスター・モルモット

ハムスター、モルモットなどの小型のげっ歯類も飼育しやすいペットです。ハムスターは手のひらサイズながらもよく動き回り、頬袋に餌を入れる仕草が愛らしく、特に子供に人気が高いようです。モルモットはハムスターの約3~4倍の大きさで、温和で触れ合いやすいのが特徴です。