このサイトでは、さまざまなペットについての情報を扱っています。

や猫などのメジャーな動物から、チンチラや爬虫類などの珍しい生き物まで、人間はあらゆる種類の動物を飼育しています。ペットの多様性やペットにまつわる事柄について深く知ってもらうために、ぜひ記事をご覧ください。

ペットの歴史

人間が動物を飼育しだした歴史は古く、石器時代までさかのぼります。最古の動物飼育の痕跡は、3万年前の洞窟の遺跡に残る、ホラアナグマを飼っていた跡です。犬の家畜化はおおよそその頃から1万5000年前にかけて進み、狩猟のパートナーとして犬は人間の生活に深く浸透しました。さまざまな野生動物を手なずけていく中で、生産性のあるものや便利な動物が家畜として選ばれていきました。

いわゆる明確に愛玩動物として「ペット」を飼育した最古の例は、5000年前に古代エジプトで飼われていたピューマであると考えられています。ピューマは大型ネコ科の肉食獣で、ライオンのような見た目をしています。

犬や猫に関しては、最初は狩猟用や害獣駆除を目的に家畜として飼っていたものが、徐々に愛玩動物としての飼育に変化していきましたが、具体的にどの段階でその変化が起こったのかは明らかになっていません。